新着情報

2022.01.19良い年になりますように♪

心理スタッフの山内です。

寒い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

大阪では、時折雪が降ることがあり、例年よりも「寒い」と仰る方が多いように感じます。

寒い日には行動することを避けてしまったり、外に出ることが億劫になったりすることもあるでしょう。

そのような時は、家の中で「楽しい」と感じられることを探してみましょう。アニメや漫画、映画、ドラマなんかもいいですよね。一通り楽しんだ後には、一度窓を開けて空気を入れ替えをしましょう。

外の風が心地よいと感じたら、空気の入れ替えをしている間、少し外に出てみるのも良いですね。最初は寒いと感じても、だんだんと身体があたたまってきます。その感覚を実感してみてください。

外に出ない日には、ストレッチがおすすめです。縮こまった身体を伸ばすことで、気持ちをリフレッシュすることができます。

このように、外に出ても出なくても、自分の心と身体を大事に過ごしましょう。

もし、余裕がある時は、今年したいことや目標を決めると良いかもしれません。

 

皆様にとって、今年が良い年になりますように♪

心理スタッフ 山内

 

2022.01.05うまくいくコツ

2022年度がいよいよ始まりました!

オミクロン株に気を付け手洗い、換気、うがいの徹底を心がけて

乗り切っていきましょう♪

人付き合いなど気苦労に思うことが多いとは思いますが

以下のようなことに気を付けて今年もストレスためずにやっていきましょう

①何かにつけてうまくいかない時はあるものですがくよくよせず

気持ちを切り替えて次に上手くやれればいいさと思っていくように

しましょう

➁相手の嫌なことに目がいきがちですが良い面を見つけていくと

嫌いだった相手も良い人、ととらえらることができて相手も変わっていくも

のです。相手の素敵な面をみつけて付き合っていくようにしましょう

➂無理なことは我慢せず引き受けずに早めに断って

スッキリしましょう。

➃感謝の気持ちをきちんと伝える。「ありがとう」

その一言でうまくいくことが多いです

➄負けるが勝ち!という言葉があります。無理には張り合わずに

黙って相手を受け入れてあげると意外とすんなりいくこともあります。

 

以上のようなこと少し日常に取り入れて今年も上手に過ごしてみてく

ださい♪

 

院長  梶本 隆哉

 

2021.12.28今年を振り返ってみよう

みなさんこんにちは。一気に気温が低くなりましたね。さて、もう2021年から2022年になろうとしています。これを見ている時にはもう2022年になっているでしょうか。年末や年始になると、これまでを振り返ったり、これからについて少し意識が向きやすくなっているかもしれません。

 

今回は、「振り返る」ということや、その時に自分や周りに対してどう感じているか、といったことについてお話したいと思います。みなさんは、日々を過ごす中で、振り返るということをされるでしょうか。その日あったことを振り返る方もいれば、あまり振り返っていないという方もいるでしょう。

 

振り返ることは、過去にあったことや気持ちなどに対して行う作業ですが、振り返っていると、その出来事が起こっていた時に感じていた気持ちや考えが思い浮かぶだけではなく、違った感じを持つ時もあるかもしれません。その場で感じた感情をしっかり感じることだけではなく、時間が経過したからこそ感じることや考えることもあるでしょう。

 

私たちは、出来事に対してさまざまな気持ちや感情を感じ、考え、評価をしています。起きることに対してどう思うか、どのように評価するかは、人それぞれです。人によって感じ方やとらえ方は異なる場合があるかと思います。

 

では、今の自分や少し前の自分、そして周りの人や出来事に対して、みなさんはどのような思いがあるでしょうか。もしも振り返った際に、自分や周りに対して、厳しすぎたなあと思う方がいれば、ぜひ、今度は、やさしい言葉をかけたり、心の中で思い浮かべてみてください。また、今の自分の状態を認めてあげたり、がんばった部分や、意識して取り組んだ部分など、結果だけではなく、今の状態そのものや、それまでの過程についてもぜひ目を向けてみてください。そして「よくやっているね」と自分や周りを労ってみるのはどうでしょうか。

2021.11.30自然のリズム

こんにちは!心理スタッフの早瀬です。

 

11月は中盤から急に冷え込みがきつく、毎朝おきるのが辛いこの頃です。

 

空を見ていると、いろんな雲があって季節を感じることが多いのですが、今年はすごくタイムラグが発生している感覚が強いです。というのも、写真を見返していると。8月末に撮ったたくさんの筋雲が入った写真を見て、「秋だなあ」と感じた一方で、「あれ?まだまだ暑いし、何なら残暑はこれからだぞ??」と、空と地上の季節感の差に困惑したことを思い出したからです。このタイムラグを、私はもう一度経験します。

10月序盤は例年暑く、徐々に寒暖差が激しくなって、11月には朝晩コートが必要になるという感覚が、私にはありました。だけど、今年はなかなかそれが来ない。かと思えば、11月中盤から急に寒くなったり暑くなったりして、今では朝晩寒くて防寒着が必要で、やっと冬になってきたかなという感じです。

自分の体感と周りのスピード感が違うことってありますよね。自然に対しては、自然に起こっていることだからどうにもできず、「例年とリズムが違う」という点で不調を起こす方もいるかもしれません。動物なら自然のリズムに合わせられるのに、人間で、しかも文明が発達したからこそ、暗くなるのが早くても電気をつけて作業を続けなければならず、自然のリズムに合わせられないしんどさがあります。なるべく規則正しい生活をこころがけることは大切です。しかし、体調や気持ちのだるさ、しんどさがある時は、いつもより早めにお休みするなどして、自分自身を整えていきましょうね。…と書きながら、私も寒暖差にどう対応しようかと、日々考えているところです。

 

・*・*・

 

ちょっとした気づきでホッとした時間がみなさんに訪れますように・*̈*・♪

 

心理スタッフ 早瀬三喜

2021.11.30学校での講演会

年末に向け、コロナが落ち着いてきていると思っていたら

オミクロン株なるものが世界的に拡大傾向にあるとのことで

少し心配ですね。引き続き感染予防に気を付けましょうね。

さて11/17(水)に松原第4中学校で子どものうつについて

公演させていただきました。

➀以前と違い子どものうつと診断されるケースが増えていること

➁大人と同じように早期診断と早期治療が重要であること

➂長期化すると進学などに影響が及ぼす可能性があること

➃発達障害や不登校、他の精神疾患などとの鑑別が必要であること

➄ご家族様や学校の先生方やカウンセラー、放課後デイケアなど

様々な機関の協力が治療には重要であること

等について講演させて頂きました。

引き続き地域医療と講演会などを通じて皆様のお役に立てるように

努力してまいります。

院長  梶本 隆哉

 

 

2021.11.2211月27日土曜日 診療時間変更のお知らせ

 

 

11月27日土曜日 院長研修の為

診療時間を12時迄とさせて頂きます

2021.11.16年末年始のお知らせ

 

 

12月30日(木)から1月3日(月)まで

お休みさせていただきます。

12月29日まで通常診療

1月4日から通常診療致します

2021.11.02自律神経を整える♪

コロナ感染もずいぶん治まってきましたね。引き続き手洗いうがい

消毒、換気で感染予防につとめましょう!

コロナ感染が落ち着いていますが生活様式の変容によりいろいろ我慢して

皆さん、ストレスがたまっていることと思います。

そのため以下のようなことに気を付けて自律神経を整え、体調維持してくだ

さいね。

①夜間に睡眠をきちんととり体内時計を維持する。

➁窓際で朝、ものごとして朝日を浴びるようにする

➂ストレッチ、ヨガなどで身体を動かす

➃朝食をゆっくりとるようにする

➄疲れなど朝シャンなどで吹き飛ばす

➅快便を心がけヨーグルトなどで腸内細菌を整える

➆ラインなどで適度に友人とつながり孤独感を和らげる

以上のことに気を付けて今年もあと少し、乗り切っていきましょう♪

 

院長   梶本 隆哉

 

2021.10.30うまくいっている時はそのままで

こんにちは。最近道を歩いていると、ふと金木犀の香りがして季節の訪れを感じました。このごろは冬なのかなと思うくらい寒くてびっくりしています。秋はどこにいったのでしょうか・・・。

カウンセリングをしていると、ある程度気持ちや身体、症状が落ち着いてきたり、調子が良くなってきたら、もうちょっと頑張ろう!とかこの調子で新しいことを始めよう!と意気込む光景がよく見られます。

頑張り屋さんほど、良くなってきたからこそ何か行動しないといけないと思いがちではないでしょうか。

その気持ちはとても大切なのですが、私は、うまくいっている時や軌道に乗りだしてきた時は今やっていることを続けていくことがなによりも大切だと思っています。

今のやり方ではどうにもうまくいかない時や現状に物足りなくなってきた時には新しいことを取り入れる必要がありますが、うまくいっている時はうまくいっていることを同じように続けることが、案外一番重要だったりしますよ。

 

心理士 山野

2021.10.04お酒のコントロールについて

皆さんの普段の感染予防の努力とワクチン接種の普及でやっと

緊急事態宣言が解除となりましたね♪ 引き続き感染予防に努めて

もう少しの間、頑張っていきましょうね。

コロナ感染に伴い、外食での飲酒はほぼできませんでしたが

コロナ禍の自粛疲れで自宅での飲酒量が増えるといったことは

ないでしょうか?以下のようなことに心当たりのある方は

アルコール依存症の可能性があります。

➀飲酒で記憶がとんだことがある

➁前もって決めておいた量以上に飲酒してしまう

➂お酒が手元にないと不安

➃飲みだしたら止められない

➄休肝日でも飲んでしまう

➅隠れて飲酒してしまう

➆たくさん飲まないと酔えなくなった、飲酒量が増えている

 

以上のような症状に心当たりのある方はアルコール依存症の可能性があります。

以前の完全断酒以外に節酒といってお酒の量を減らしながら治療していく方

法やお薬もあります。

 

ご心配のある方は一度ご相談ください。

院長  梶本 隆哉

 

 

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 電話で問い合わせる 地図 ご予約はこちら
    医療法人隆帆会 梶本こころのクリニック Copyright(C) 2016 梶本こことのクリニック All Rights Reserved.