新着情報

2021.01.13「メンタルヘルスの不調」とは?

こんにちは、心理スタッフの頼澤です。

今日は、メンタルヘルスの不調についてお話したいと思います。

 

メンタルがしんどい状態とは、どんな状態でしょうか?

体がだるく重い、とか、泣けてくる、とか、嫌なイメージばかり頭に浮かぶ、とか、人によって不調のサインは異なりますが、自分にとってあまり良くない状態に陥っている場合が考えられます。

 

そういったとき、普段なら「大丈夫」と思えることでも、心配になったり、いつもなら相手を許せるのにイライラしたり、些細なことだとわかっているのに悲しんだりするのではないか、と思われます。

 

つまり、「メンタルが不調」の状態とは、いつもよりもたくさんのストレスやプレッシャーを感じ取ってしまい、感情的になったり行動を避けてしまったりする状態と言えます。

 

そのような状態にあると、何かするとネガティブになりやすいので、どんどん行動が億劫になってくるかもしれません。

ただ、一人で過ごす時間が長いと、余計に心配が大きく見えたり、事態を悪く考えたりしてしまう可能性もあります。

 

「メンタルがしんどいな」「弱っているな」と感じたら、これまでご自身がやってきた”ストレス解消法”を思い出してみてください。

きっと、これまでもしんどい状況をなんとか乗り越えてきたはずです。でも、メンタルが不調になると、これまでやってきた工夫も忘れてしまいがちです。

 

例えば、音楽を聴いたりテレビを見る、ゲームをしたり散歩をする、運動する、など。

問題の解決は、普段の状態にまで回復してからでも遅くはありません。

まずは、メンタルの不調を少しずつ良くしていきましょう。

 

何かわからないことがありましたら、主治医や心理スタッフにご相談ください♪♪

少しでもご参考にしていただければ幸いです。

 

心理スタッフ 頼澤 瑠美

2021.01.06お正月とお酒!

明けましておめでとうございます。

寒波やコロナの流行に負けずに今年もボチボチ行きましょう♪

当クリニックでも引き続き、清掃の徹底、空気清浄機の稼働、開放2方向以上

の換気、自身で行える検温器の設置などにより感染予防に努めています。

解放換気のため待合室での防寒着の着用お願いいたします。

今年はコロナの流行で年末年始の飲酒の機会は少なかったとは思います。

しかし「巣ごもりゆえにお酒を普段以上にのんでしまう!」といった

お話も伺います。

過量飲酒飲酒対策として次のことをお勧めします。

➀飲み会や酒場といった飲酒の場には近づかない

➁お酒を自宅に買い置きしない

➂飲みすぎの家人の為に自分がお酒を買いに行かない

➃お昼間から飲酒しない

➄次の日にお酒がのこる飲み方をしない

➅ビール、日本酒、ワイン、焼酎、チューハイなど多種類飲まない

以上のことに気をつけてお酒と付き合うようにしてください。

飲みすぎて困る!お酒を減らしたい!といった方にか飲酒欲求を減らす薬など

もあります。是非ご相談ください♪

 

院長     梶本 隆哉

 

2020.12.28年末の振り返りと新たな1年に向けて

みなさんこんにちは。気づけば師走になり、年の瀬がやってまいりましたね。2020年ももう残りわずかとなっています。これをご覧になっている頃には、もう2021年となっているかもしれません。

 

今回のタイトルは、「年末の振り返りと新たな年に向けて」というように、この1年の振り返り、また新たな年が来ることに向けて、「自分の感情」について振り返ったり、「自分」を認めることについて少しお話したいと思います。

みなさんは普段、自分や自分の身の周りにいて関わっている人について、どのように感じているでしょうか。私たちはみんな生活をしていく中で人と接して生きています。人との交流やコミュニケーションを取る中では、楽しい気持ちになったり、嬉しい気持ちになるだけではなく、不安な気持ちや悲しい気持ちなどさまざまな気持ちが生じることがあります。

例えばネガティブな感情は、一般的には「良くないもの」として捉えられやすいかもしれません。しかし、感情は先ほどにもお伝えしたように、さまざまな種類があり、それぞれに役割を持っています。例えば「不安」がないと私たちは、自分の安全を守る行動をとることができません。「不安」は私たちが生きていく上で必要な感情と言えます。

 

もちろん、感じていて心地の良い感情とそうではない感情があると思います。しかし、人はポジティブな感情を感じていても、何かストレスにぶつかれば、ネガティブな気持ちに傾いてしまうことはあると思います。そのような時には、まず、そのような感情を持っていると認識すること、そしてそれを持っている自分を認めてあげるということもとても大切だと考えられます。そこから、その気持ちをどのように変えていきたいか、自分ではどういう風になっていきたいな、というようにその先を見ていきやすくなるかもしれません。

ただ、今の自分や「ありのまま」を認めることは簡単ではないかもしれません。そのような時には、まず「自分も周りも今のままで十分だ、頑張っている」という風に心の中で思ったり、紙に書き出してみるのはどうでしょうか。そんな風には思えない、という方も一度この言葉を自分にかけてあげたり、この言葉を眺めてみましょう。もし自分がそういう言葉をかけられたらどのような気持ちになるでしょうか。もしかしたら温かい気持ちになるかもしれません。

 

今回は、自分の感情や自分について振り返ってみましたが、読んでいてみなさんはどのようにご自身を振り返ったでしょうか。今までの経験や感情を思い出したり、自分について少し考える時間を持った方もいらっしゃったかもしれません。日常生活の中でも、「自分も周りもありのままで十分だ、頑張っている」という言葉を試しに思い出してみることも良いかもしれません。

 

参考文献:細川貂々・水島広子(2017).それでいい。-自分を認めてラクになる対人関係入門-.創元社.

2020.12.01言い訳をどうみるか

こんにちは!心理スタッフの平井です。

 

11月中は「暑いな…今年は暖冬か?」と思いきや、急に気温が下がって、身体がびっくりしましたね。みなさんいかがお過ごしですか?

 

今回、私はブログの投稿がすごく遅くなりました。すみません。いつもはポンっと浮かんでくるものが浮かばない…。今日は思いつくがままに書いてみようかと思います。というのも、言い訳にしかならないんですが、先月はとても立て込んでいました。いろいろと。やらなきゃいけないことがいっぱいあるんだけど、自分の中で優先順位をつけてこなしていくと、どんどん後回しになってしまったんですね。

会社や社会だと、「後回し=どうでもいいと思っている」ととられがちです。ですが、後回しになった背景は様々です。おそらく、待っている側、提供される側からすると、どんな説明や事情があろうとも「言い訳だ」とみられるのでしょう。ですが、後回しにしてしまった側からすると、決して「どうでもいい」とか「適当にしておこう」とは思っていないんじゃないかと、私は考えます。“非難する人が悪い”“守らなかった人が悪い”とあります。確かにそうですが、それだけで攻めてしまっては、お互い歩み寄ることは難しくなりますね。次、同じことが起きないようにするには、どうしたらいいのか。そのような考える場を作るためにも、相手の話や経緯に耳を傾けることは、一翼を担うかもしれません。

 

*・*・*

 

ちょっとした気づきでホッとした時間がみなさんに訪れますように・*̈*・♪

 

心理スタッフ 平井三喜

2020.12.01うつ病の講演会!

新型コロナの感染が再度、広がっていますね。

清掃、消毒、手洗い、空気清浄、窓を開けての換気、

体温測定(器械によるご自身での測定)の徹底を

当院でも行っています。気になることがあればお声がけ下さいね。

今週末12/5、土曜日に地元の薬剤師会の先生方を対象に

うつ病のウエブ講演会を行う予定です。

うつ病のきっかけ、原因、薬物治療や認知行動療法などの

お話をさせて頂く予定です。

今年は市民講演会で認知症の講演をさせて頂く予定でしたが

コロナの影響で中止となりました。

今後も自身がウエブでの学会や研究会に参加しながら研鑽につとめ

発表などでの情報を共有し、患者さんに新しい知識と治療を還元させて戴けれ

ば、と考えています。

院長 梶本 隆哉

2020.11.07上手くいっていることに目を向ける大切さ

こんにちは。だんだんと寒くなってきて、冬の気配が近づいてきましたね。

みなさんは日頃自分自身について考えたり振り返ったりすることはありますか?

日常や仕事のなかで振り返りの機会があると思いますが、往々にして振り返りをするときって失敗したときや物事が上手くいかないときが多くないでしょうか。

「何がダメだったか」を振り返ることも大切ですが、私は上手くいっている時こそ振り返りをしてほしいなと思います。「何で私は今、上手くいっているのか」「何が良かったのか」そういった視点で振り返りを行うこともとても大切だと思うのです。

人はどうしても自分のできない部分だとか、ダメな部分に目がいきがちになります。しかしカウンセリングの中では、原因探しをしているだけでは前に進まないことが多々あります。

原因探しばかりしているとダメな部分ばかり見えてきて、さらに自信がなくなる・・・なんてこともあるかもしれません。そんな時に「良かったところはどこだろう」「100%悪いところしかない訳じゃないよね」と思うようにしてみてほしいのです。

どうしてもダメなところや改善点に目がいきがちになりますが、上手くいくヒントは意外と上手くいっている時の方が見つけやすかったりするなぁ、と思うことも多いのです。

 

臨床心理士

山野

2020.11.07次々と新しいお薬!

大阪でもコロナが少しづつ広がっています。

3密を避けてうがいや手洗いを徹底して感染予防につとめましょう♪

今年になってから睡眠薬や抗うつ薬、躁うつ薬、統合失調症薬

など次々と新しいお薬が出てきています。

①睡眠薬はデェビコというお薬で依存性が少なく翌日への持越しもなく

スッキリ眠れるお薬でご高齢者にも安心して服用していただけます。

➁こううつ病薬はトリンテリックスというお薬で抑うつ気分や意欲改善

といった効果だけでなく興味の向上といった効果が期待できます。

③躁うつ病薬はラツーダというお薬で躁うつ病のうつ状態に効果がありま

す。浮き沈みが出てしんどい、なかなかやる気が出ないといった患者様に

効果が期待され、そう転といった可能性も低いためとても安心して服用してい

たただけます。

④統合失調症薬はレキサルティといったお薬で当クリニックでもよく来られ

るような比較的発症初期の患者様にも副作用がほとんどなく服用初期から

被害妄想や幻聴などのつらい病状が改善みられたくさんの患者様に喜んでいた

だけています。

 

すべての患者様が上記のお薬でうまくいくわけではありませんが病状で

お悩みの患者さんはお気軽にご相談ください♪

 

院長  梶本 隆哉

 

 

2020.11.04年末年始のお知らせ

12月30日午後(水)~1月3日(日)

休診させて頂きます。

30日(水)午前まで通常診療

4日(月)から通常診療致します。

2020.10.02芸能人の自殺

最近、芸能人の自殺など嫌なニュースが続いていますね。

私も三浦春馬さんや竹内結子さんなど大好きな俳優さんであり、女優さんでし

たので大変ショックでした。

将来も有望でこれからも活躍されたであろうに大変残念でなりません。

1つだけ気になることは自殺という選択肢を選んでしまう前に家族や

友人にしんどい思いを相談できなかったのか?ということです。

人には言えない悩みがあったりコロナ禍で重苦しいものがあったのかも

しれませんがつらい思いを必ず周囲に伝えてほしいと考えています。

究極の選択をしてしまう前に是非、周囲に相談してくださいね。

明けない夜はありません。必ずしんどい思いが楽になる時はやってきます。

何かお悩み事があれば当院にもご相談ください。

 

院長 梶本隆哉

 

 

2020.09.23セルフケアをしてあげましょう♪

こんにちは、心理スタッフの頼澤です。

暑い夏が過ぎ、一気に涼しくなってきました。このような時期は「季節の代わり目」で少し体にも負担がかかる時期です。

そんな時にはしっかり体調を整える工夫をすることが大切です。

「セルフケア」とは、自分自身の心と体をいたわり、癒してあげること。

セルフケアは、その人が癒されることが目的なので、運動、でも、人としゃべる、でも、どんな行動でも良いです。

でも、たくさん持っているとその分困った時の対策が立てやすいので、尚良いと思います。

たとえば、運動がどれだけ好きでストレス解消になっても、毎日同じ量と質の運動を続けることが決して良いとは限りません。

つまり、その日、その時の体や心の調子に気づき、「今日は運動はお休みにしよう。その代わり、気になっていたドラマを見てみよう」など、いろんな方向でケアしてあげることが大切です。

 

自分が自分の一番の理解者になってあげましょう。

 

臨床心理士 頼澤 瑠美

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 電話で問い合わせる 地図 ご予約はこちら
    医療法人隆帆会 梶本こころのクリニック Copyright(C) 2016 梶本こことのクリニック All Rights Reserved.