新着情報

2017.12.25頭もスッキリ

年末が近づいてまいりました。大掃除の季節ですね。私もそろそろしなくては…と思いつつ、いつできるかなと思っているところです。

ところで、掃除をされるときってどんなふうにされていますか。ちょっとずつ積み重ねる人もいれば、1日でまとめてしまう人もおられるかなと思います。「正直、掃除や片づけは苦手で…」なんて方もおられますかね。私もあまり得意ではありません。

掃除が苦手な方へのおすすめの方法は、1か所ずつ区切って掃除をすることです。食器棚、ガスコンロ、冷蔵庫、トイレ、浴室、本棚、クローゼット、机の上、テレビ周り…といったように小さく区切って掃除をしていきます。そして「あとで片づけるボックス」を用意して、いま取りかかっているところと関係のないものはとりあえずその中に入れていくというスタイルです。そうすることで、1か所に集中できますよね。「大掃除をする!」「リビングを片づける!」という目標にするとなかなか達成できませんが、「机の上を片づける!」という目標だと達成しやすくなるので、掃除が少しだけ嫌じゃなくなるのかなと思います。

どこから掃除を始めようか悩む方は、日常的に一番よく目にするところから取り掛かるのがいいと思います。ゴチャゴチャした空間を見ているといつの間にかそこにあるいろんなものから目が情報を取り入れてしまうそうです。そのせいで、頭がスッキリしない。逆にすっきりと整った空間を見ていると、入ってくる情報が少ないため頭もスッキリするようです。(片づける余裕がない時は無地の布をかぶせるだけでもいいかもしれませんね。)よく目にするところから片づけるとスッキリ考えられる時間が増えていいのかなと思います。

 

ということで…私もぼちぼち頑張ります。

 

 

 

 

 

・*※*・

 

みなさんにとって素敵な日々が降り注ぎますように!

心理スタッフ 西澤晴香

2017.12.19OSAKA光のルネサンス2017

 

イルミネーションの季節ですね♪
先日中之島のイルミネーションに出かけてきました。

2017.11.29お酒との上手な付き合いかた~忘年会新年会シーズンを迎えて

 

紅葉シーズンもいよいよ終盤になってきましたが皆さんはどこかにお出かけになられましたか?

私は京都の国宝展と一緒に円山公園など散策してきました!

さて年末年始を迎えるにあたってお酒との上手な付き合い方を身に着けてほしいと思っています。

みなさんは以下のことで困ったことはないですか?

①お酒を飲まないとねつけない

②二日酔いで仕事を休んだり約束を守らなかったことがある

③お酒を飲みながら仕事や育児、家事をしたことがある

④お酒をやめたほうがいいと考えたことがある

 

以上のことに一つでも当てはまる人はアルコール依存の可能性があります。

年末年始は飲酒を控えるようにしてお困りのことがあれば当院でもご相談ください

 

以上にはあてはまらなくても飲みすぎないように以下のことに注意してお酒を楽しむようにしてください♪

①飲む量や帰宅時間をあらかじめ決めておき、周囲にも宣言しておく。

②お酒と一緒にお水やウーロン茶を注文してお酒と同じ量だけ水分を取るように心がける

③なるべくお酒をちゃんぽんしないようにする

 

以上のことに気をつけて楽しい年末年年始をお過ごしください

 

院長     梶本 隆哉

2017.11.28嫌なもの、苦手なもの

こんにちは!心理スタッフの平井です。

 

11月ももう最終週となりました。最近は1日の過ぎる時間がとても早いと感じていて、「何かやり残しているんじゃないか…?」と不安になってしまいます。みなさんはいかがでしょうか?

 

さて、後2日で11月も終わり、そろそろ忘年会などお酒の席が多くなる時期になってきますね。お酒が好きな人、大勢でワイワイ食事を楽しむことが好きな人はワクワクする時期ですね笑。一方、お酒が苦手な人、大勢で何かをすることが苦手な人からすると、なかなかに苦しい時期ととらえがちですよね。「誘われたら断ればいいじゃん」と思う人もいるかと思いますが、上司や恩師から誘われたとあっては、なかなか断りにくく感じてしまいます。

 

「お酒の席=嫌なもの」と思ってしまうとしんどく、苦痛に感じてしまいますが、「お酒の席=何か別のもの」と捉えてみてはいかがでしょうか?例えば、お酒の席では人と話すことを目的とするのではなく、「みんながどんな風に酔っていくんだろう」とか、「あの人はどんな風に過ごしているんだろう」とか、いわゆる“人間観察”をする時間ととらえるのも一つですね。いつもとは少し違った見方をすることで、嫌なものや苦手なものにたいする認識が少し変わるかもしれませんね♪

 

*・*・*

 

ちょっとした気づきでホッとした時間がみなさんに訪れますように・*̈*・♪

 

心理スタッフ 平井三喜

2017.11.10年末年始のお知らせ

 

 

 

2017.10.31食欲の秋ですが。快眠していますか?

食欲の秋となりましたが、急に秋を通り越して冬になりそうです。

私は秋は栗のお菓子が大好きでこの時期、和菓子屋さんに通ったりしています。

秋といえば、食欲とスポーツの秋ですが皆さん、快眠していますか?

快眠するには以下のことに留意してください。

 

①規則正しい生活をする。

~できれば24時までには就寝して7時前には起きるようにしてください

②朝日を浴びる

~光を浴びることによって体内時計がリセットされます

③適度な運動を心がけてください。

~散歩やジム、柔軟体操だけでも体に適度な負荷をかけることが大事です

④思い切ってベッドの滞在時間を短くする。

~眠れる時間は普通、8時間程度です。長時間の就寝は返って睡眠の質を悪化させます

⑤ストレスと適度に発散する。

~趣味や他者との交流して仕事などのストレスをため込まないようにしてください

 

これから徐々に寒くなりますが体調崩さにように気をつけてくださいね。

院長 梶本 隆哉

2017.10.30異文化交流

今月は台風がいくつもやってきて、雨や風で外出もままならない日がありましたね。いろいろなところで影響が出ているかと思いますが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

 

 

・*※*・

 

 

日本で電車が5分遅れるとたくさんの方が「迷惑だ」とイライラされるかと思います。でも、ドイツの田舎の路線で電車が2時間遅れていて周りを見渡したとき、誰もイライラした人はいませんでした。「電車は遅れるもんだからね」「止まっているわけじゃないから何時間か前のがそのうち来るよ」と現地の人が言っていたのを覚えています。「国が違うとこうも違うのか…」と思いました。でもよく考えるとこんなこともありました。東京駅で電車を降りてエスカレーターの右側に立っていたら後ろからきた男の人に「チッ」と舌打ちをされたんです。「あぁそうか、関東ではエスカレーターは左に立つのか…」と思い出しましたが、舌打ちをされたのはなんだか腑に落ちませんでした。

同じ国でも地域によって文化の差があります。同じ地域でも、さらに小さな文化の違いってありますよね。ということは、私とあなたも、あなたとその隣の人も、ちょっとずつ違う文化を持っていることになるのかなと思います。同じ地域に、同じクラスに、同じ職場に、あるいは家族の中に、自分と違ったやり方をする人っておられませんか。それにイラッとすることってないですか。そんなときは、「あぁこの人はそういう文化で生きてきたんだな」と思ってみてはどうでしょう。そうすれば少しはイラッとした気持ちがマシになるかなと思います。

 

 

さて、中国人やタイ人、アフリカ人の友達ができたらどうしますか。「あなたの国の言葉はわからないので日本語を覚えてください」と一方的に言うことって、ちょっと乱暴な気がしませんか。「私もあなたの国の言葉を勉強するので、よかったら日本語も勉強してくれませんか」と提案するのはどうでしょう。もしかしたら、お互い「英語の方が話しやすいね」となるかもしれませんし、ジェスチャーやイラスト・写真なんかで会話ができるかもしれません。

 

文化の違う人と関わるときは「どうすればお互いにとって過ごしやすいか」という視点を持って話し合えるといいのかなと思います。

 

 

 

・*※*・

 

みなさんにとって素敵な日々が降り注ぎますように!

心理スタッフ 西澤晴香

2017.10.18選挙運動

 

先日、河内松原に安倍晋三首相が選挙応援演説に来られていました。

天候はあいにくの雨でしたが、多くの方々が駅前に集まっていました。

 

 

 

 

2017.09.29女性に多い低血圧の症状とその予防について

 

 

 

やっと暑さもましになって秋のさわやかさを感じるようになってきましたね♪

今回は女性や高齢者、子どもに多い低血圧についてのお話です。

症状としては下記のようなものがあります。

 

①午前中のだるさ

②肩こり、頭痛

③朝がおきられない

④たちくらみ

重症だと・・・

⑤失神

⑥目の前が真っ暗になる

等があります。上記に当てはまるときは血圧を測ってみてください。

低血圧は収縮期圧が100以下、もしく拡張期圧が60以下の場合です。

 

原因は運動不足や不規則な生活、また偏った食事などによって自律神経の

乱れによっておこります。

 

改善するには・・・

①規則正しい生活

②適切な水分摂取

③適度な運動、散歩やジョギング、スイミングなど

④頭をやや高めにして就寝する

⑤食事の摂取。特に朝食をきちんととるように心がけましょう

もし血圧が低くて体調が悪い場合、薬剤治療もありますのでご相談下ささい。

 

院長 梶本 隆哉

 

2017.09.26イベントの多いこの時期に…

こんにちは!心理スタッフの平井です。

 

残暑が長引くかと思いきや、あっという間に過ごしやすい季節になりましたね。最近は涼しい日が続いているので、私自身はルンルンとした気分で過ごすことが多くなってきました♪

 

過ごしやすい気候になってくると、たくさんのイベントが開催されますね。お子さんがいらっしゃるご家庭では運動会や遠足、お仕事をされている人は節目における決算などなど…。地域を見ても、休日に食べ物や音楽、絵画のイベントなど、どれも楽しそうな企画がたくさんあります。休日に自分を休めるという意味で、このように開催されているイベントに参加するのもいいですよね。家事や学校、仕事など普段過ごしている日常とは少し違った、非日常を体験することで気分転換にもなります。

 

一方で、このブログを読んでいる人の中には「そこまでする元気がない」「自分に余裕がない」という人もおられるかと思います。自分の気持ちに余裕がない時は、イベントに参加しても楽しめなかったり、「この時間を過ごしている間に仕事が一つ終わる」と、休みの日なのに仕事のことを考えがちになる人もいるでしょう。そんな時は、無理に外出やイベントに参加せず、身体や自分自身を休めることに専念することも一つです。「せっかくの休みが…」と思われるかもしれませんが、身体を休めて回復させてあげる、疲れている自分自身をいたわってあげることは、翌日からの日常を過ごすためにとても大切なことです。過ごしやすい日々が続くこの時期にこそ、自分の身体、自分自身をいたわる機会を作ってあげることはいかがでしょうか?

 

*・*・*

 

ちょっとした気づきでホッとした時間がみなさんに訪れますように・*̈*・♪

 

心理スタッフ 平井三喜

  • 最近の投稿

  • アーカイブ

  • カテゴリー

  • 電話で問い合わせる 地図 ご予約はこちら
    医療法人隆帆会 梶本こころのクリニック Copyright(C) 2016 梶本こことのクリニック All Rights Reserved.